FXに欠かせない移動平均線をマスターしよう

基本的な知識をおさえよう

相場を把握しよう

まずチャートを見てみると、短期・中期・長期の三本の移動平均線、そしてローソク足があります。
移動平均線とローソク足の関係をよく見てみると、ある法則があるのがわかると思います。
上昇傾向の時はローソク足が移動平均線よりも上に、下降傾向の時はローソク足が移動平均線よりも下にあります。
そして両者が重なるとき、価格は横ばいになっています。
ローソク足は移動平均線よりも短期の傾向を示すので、トレンドが始まれば、長期の傾向を示している移動平均線よりも敏感に反応します。
一方レンジ相場が発生しているときは両者ともに横ばい状態になるので、移動平均線をローソク足がまたぐ形となるのです。
トレンド相場・レンジ相場の識別はこのようにして行います。

移動平均乖離率とは?

ローソク足と移動平均線の関係で一つ覚えておきたいものとして、移動平均乖離率というものがあります。
これはローソク足が移動平均線からどれだけ離れているかを表す割合です。
この値が大きければ大きい程、価格を戻す動きが強くなる傾向があります。
オーバーシュートとも呼ばれる現象ですが、これが起きるのは、トレンドが発生して一定期間経過したときです。
先ほども述べたようにトレンドが発生しているとき、ローソク足は移動平均線よりも上昇傾向であれば上に、下降傾向であれば下に存在します。
そのローソク足が垂直に近いぐらい上昇あるいは下降したらオーバーシュートとみていいでしょう。
ローソク足はその後移動平均線に近づこうとします。
この急騰・急落のポイントをつかめれば、トレードのチャンスが広がります。